スキャナーを使って変換

アナログ写真の残し方

今では、写真もデジタルの時代になっていますが、古いアナログ写真の管理で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。アナログ写真は、アルバムに貼って保存していることが多くなっていますが、こうした写真も少しずつ劣化が進んでいきます。大切な写真を良い状態で保管するなら、データ化することも考えてみましょう。アナログ写真をデータ化する方法では、スキャナーで取り込むという方法があります。多くの写真をスキャンする場合は、かなり時間もかかりますが、手軽にデジタル化するならプロに依頼することも考えてみましょう。最近は写真店でも、アナログ写真のデジタル化に対応するところがあり、DVDなどに保存してくれます。依頼する前には一枚当たりの金額も確認しておきましょう。

フィルムをデジタル化する

フィルムがあれば、写真を何度でも焼き増しすることができますが、フィルムもできればデジタル化しておきたいと考える人もいます。市販でもフィルムスキャナーが販売されていますので、自分でデジタル化したい人は購入も考えてみてはいかがでしょうか。機器の購入費用は発生しますが、一台持っていると何回でも使うことができます。多くのフィルムを自分でデジタル化するのは手間もかかりますが、写真店はフィルムのデジタル化にも対応しているところがあります。自分でするよりも費用は高くなりますが、できるだけ早く作業を済ませたい人、質の高いスキャンを希望する人に向いています。デジタルデータとして写真を残しておくと、大量の写真もコンパクトに収納できますし、気軽に様々な加工が楽しめるのもメリットです。