業者を使って変換

昔の写真や気に入った写真はデジタル化して保管!

手元にある古い写真をデジタル化出来たら良いのに、でもどうやったら良いのかわからないから諦めている、という方は多くいます。プリント写真をデジタル化する方法というのは、パソコンやプリンターを使って自分で行う方法がありますが、実際に作業を行うとなると手間や時間が掛かってしまうので大変です。しかし、代行業者を利用することで簡単にデジタルデータに変換するという方法があります。 代行業者を利用するといっても業者はたくさんあり、利用料金っていくら?品質って業者によってバラバラ?納期はどれくらい?そもそも利用方法ってどうやるの?と色々悩んでしまって、結局依頼することができないという方も多いかもしれません。そこで、今回は写真をデジタルデータ化する代行業者を選ぶ時のポイントについて紹介します。

写真をデジタル化する業者を選ぶ時のポイント!

まず、利用する方法はアルバムそのものやバラバラの写真を直接店頭に持ち込むか、Web申し込みが基本になります。基本料金は500円から1000円が相場ですが、一定の条件を満たせば無料という業者や直接店頭に持ち込みすることができる業者は送料が掛からないので、その分の費用を安くすることができます。 デジタル化する時には写真をスキャンしてデジタル化しますが、業者によって方法も異なり、一枚一枚手作業で行う業者もあれば、機械だけで行う業者もあるので注意が必要です。高品質プランをオプションとして用意している業者もあるので、品質にこだわりがあるならよく確認する必要があります。 注文してから仕上がるまでの納期がどのくらい掛かるのかというと、依頼する枚数によって異なる場合がありますが、最低でも2週間から数ヶ月は掛かってしまうと思っておくのが良いです。 写真をデジタル化して大切な思い出はいつまでも残しておくことができると良いですね。