デジカメを使って変換

写真はデジタルデータとして残していこう

思い出を形にして残しておける写真は素敵なものですが、数が多くなってくると収納にも困りますし、振り返ることも難しくなっていきます。厳選したものだけを残しながら、ほかのものも後で振り返ることができるような形で残していきたいものです。そこでやっておきたいのがデジタルデータにしておく形です。そうすれば、一部飾ったりアルバムに入れたりする分を除いてほかの写真は廃棄しても、後から見返すことが可能になるからです。場所をとらないですし、プリントしたものと比べて色あせなどもなくなるのできれいな状態を保つこともできます。必要になったらデータからプリントすることも可能なので、無駄なく好きな形で写真を楽しむことができます。

手軽にデジカメで変換を

写真をデジタルデータにするためにはいくつかの方法がありますが、その中でも自宅で手軽にできそうなのがデジカメを使ってデジタルデータにする方法です。デジカメで対象となる写真を撮影すれば、それはデジタルデータになります。専用のスキャナーなどがなくてもデジタルデータに変換していくことができるのです。デジカメがなくてもスマホのカメラなどでも同じようにできるでしょう。ピントをきちんと合わせることや光の当て方などに気を付ける必要はありますが、自分で変換できるのは魅力です。まずはそれほど重要でないものをやってみて、うまくいくようならばすべての写真を変換してみるとよいでしょう。古い写真でもデジタルデータにでき、保管しやすくなります。