アルバムで写真を残す

思い出やコメントと一緒に残せる

写真を残す方法として昔から定番のやり方がアルバムに残す方法です。写真を現像して、アルバムに一緒に入れて保管をすると思い出を残すことができます。データ保管ではできずアルバム保管にできるポイントが、写真以外の思い出も一緒に残すことができる点です。写真と一緒にそのときに作ったものやコメントなどを一緒に挟むと素晴らしい思い出のページにすることができます。また、写真は切ったり、加工したりすることもプリントの状態になっていれば簡単です。ポイントはどんなアルバムを利用するかで、色々なものを挟みたいのであれば、シート式の自由にレイアウトができるタイプ、写真を羅列していくのであればポケットタイプのアルバムに入れれば簡単に整理できます。

専門業者のプリントが長持ち

写真をプリントする際には、自宅のプリンターで印刷する方法と写真プリントの専門業者に依頼する方法があります。2つの違いは発色方法の差で、プリンターの場合にはインクを吹き付けるのに対して、専門業者では現像液を利用し、色を出しています。プリンターのインクはアルコール利用が多いため、長期的に見ると時間が経つにつれてアルコールが揮発していき、色が抜けていきます。一方で現像液に付けるタイプは色の定着がしっかりとするので長い時間、色を保つことができます。業者によっても発色方法が違い、きれいなプリントほど高額になりますが、鮮やかな発色で長持ちをするので、アルバムで長期的に保管したい場合には、専門業者のプリントがオススメです。