UVカットフォトフレームで写真を残す

写真をインテリアとして楽しむ

印刷した写真は、アルバムに貼って保管することもできますが、それではアルバムを開かなければ見ることはできません。お気に入りの写真はできるだけ手元に置いておきたい、いつまでも眺めていたいと考える人もいるのではないでしょうか。そのような場合は、フォトフレームに入れて部屋に飾ることも考えてみましょう。最近は、おしゃれなデザインのフォトフレームも増えていますので、インテリアとしてもおすすめです。フォトフレームに入れておくとほこりや汚れから、大切な写真を守ってくれるというメリットもあります。とはいえ、やはり室内に飾っていると紫外線の影響で、少しずつ色褪せも目立ってきます。色褪せた写真もそれなりに味わいがありますが、できることなら、きれいな状態を長く保ちたいものです。

紫外線対策を考えよう

フォトフレームに入れた写真の色褪せを防ぐなら、置き場所もよく考えておきたいところです。直射日光の当たる場所は、写真の色褪せや劣化を早めることになりますので、そうした場所は避けるようにします。とはいえ、やはり写真は目につく場所に飾りたいものです。場所を気にせずに写真を飾りたい、よりしっかりとした紫外線対策をしたい場合はUVカットフォトフレームを選ぶことも考えてみてはいかがでしょうか。これは、アクリル板などにUVカット加工をしたフォトフレームです。デザインもシンプルでスタイリッシュなので、どんなインテリアにも無理なくなじませることができます。こうしたフォトフレームを選んでおくと、お気に入りの写真を長期に良い状態で楽しめるようになります。